「ふるなびならたった3分でふるさと納税!」

Home >> ふるさと納税 計算 >> ふるさと納税 計算方法
Page: 1/2   >>

ふるさと納税 計算方法

JUGEMテーマ:ふるさと納税



ふるさと納税は納税となっていますが、実質は寄付金扱いになるために控除対象になることが総務省のHPでも掲載されています。

で、実質自己負担金は2000円で、そのほかの分は限度額以下ならば、残る分はすべて控除される、具体的には翌年度の納税額が安くなります。

で、この控除額の計算について、どんな式になるのか個人的に気になったので調べてみました。すると総務省公式HPに記載されてました。

ふるさと納税ポータル

―蠧誓任らの控除:(ふるさと納税額-2000円)×所得税率
⊇嗣雲任らの控除(基本分):(ふるさと納税額-2000円)×10%
住民税からの控除(特例分):(ふるさと納税額-2000円)×(100%-10%-所得税率)

上記の結果が住民税所得割額の2割を超える場合、計算式が変わります。

’住民税からの控除(特例分):(住民税所得割額)×20%

この場合の実質負担金額は2000円を超える計算になるそうです。つまり、 ↓◆↓’控除額を計算しても、ふるさと納税-2000円の全額が控除されないためだとか。

とまあ、ここまで情報が掲載されていましたが、ふるさと納税の返礼品が選べるサイトとかだと、この辺りのシミュレーションを用意してくれています。

ふるさと納税 さとふる

計算が面倒な場合、こちらを利用したほうが時間対効果は高いかも。
furunozeirank | - | - | pookmark | category:ふるさと納税 計算
Home >> ふるさと納税 計算 >> ふるさと納税 計算

ふるさと納税 計算

JUGEMテーマ:ふるさと納税



ふるさと納税をすると控除上限以内であれば、実質負担金が2000円で済みます。ふるさと納税で10000円をして、返礼品に黒毛和牛を選んだ場合、実質負担金2000円で黒毛和牛10000円がもらえるイメージ。

負担金を除いたふるさと納税分が翌年に控除される、所得税や住民税から差し引かれるため、納税額が安くなるわけですね。

で、この計算ですが、ネットでいろいろと出てますが、結構ややこしいです。そこで、ネットというのは便利なもので所得など必要情報を入力して、ボタン1つクリックしたら、控除額がでるようなシミュレーターを用意してくれているところもあります。

控除上限額シミュレーション

たとえばこことか。自分で計算するのもいいですが、シミュレーターを使ったほうが時間かからないのでいいのではと。
furunozeirank | - | - | pookmark | category:ふるさと納税 計算
Home >> ふるさと納税 限度額 >> ふるさと納税 限度額

ふるさと納税 限度額

JUGEMテーマ:ふるさと納税



ふるさと納税をした時の納税額は確定申告をすると翌年度の納税額がふるさと納税額分だけ控除される、言い換えればその分だけ納税額が安くなります。

実質プラマイゼロで、かかる費用はふるさと納税に伴う手数料2000円だけです。なので、ふるさと納税に対する返礼品に黒毛和牛10000円を選んだ場合、実質2000円でもらえる計算です。

この辺りは、ふるさと納税に興味を持ってから勉強して、およそ理解できました。ただ、この手数料2000円で済むには限度額が設定されています。それを超えると手数料2000円より高くなる可能性がある事もわかりました。ではその限度額は?

控除上限額の早見表

ここでふるさと納税の返礼品を選べたりするわけですが、限度額についての情報も載ってました。そのほか、控除シミュレーションも用意してくれてるので、重宝するかと。
furunozeirank | - | - | pookmark | category:ふるさと納税 限度額
Home >> ふるさと納税 おすすめ >> ふるさと納税 おすすめ

ふるさと納税 おすすめ

JUGEMテーマ:ふるさと納税



ふるさと納税のおすすめの返礼品について調べると、還元率視点から家電とかがいいという情報が結構出てきます。

還元率視点はいいのですが還元率でいえば極論、返礼品の価値が2000円以上ならすでに還元率は十分と思います。というのも2000以上のふるさと納税をした場合、納税額は翌年度に控除が受けられるのかかるのは固定費である2000円のみです。

2000円というのがどこから出てきた?という疑問が出てきそうですが、ふるさと納税というのは、特定の自治体に対して納税すると返礼品がもらえる制度です。で、納税分は確定申告をすることで翌年度に控除、つまり戻ってくるので、プラマイゼロになります。

ただ、固定費というか、手数料ということで2000円がかかります。なので2000円を起点に考えるわけです。で、この前提からおすすめがどれかについて調べていたら、いい感じにまとめられているところがありました。

http://www.satofull.jp/static/special.php

ここです。ふるさと納税の返礼品を選べますが、おすすめの返礼品についてカテゴリ分けされているので使いやすそうです。
furunozeirank | comments(0) | - | pookmark | category:ふるさと納税 おすすめ
Home >> ふるさと納税 家電 >> ふるさと納税 家電

ふるさと納税 家電

JUGEMテーマ:ふるさと納税



還元率の高さから返礼品として人気が高い家電ですが、総務省の通達より、返礼品の還元率を3割以下というものがあり、家電関係を返礼品から外す動きが出始めているみたいです。

まだ返礼品として選べるので、今のうちという考え方ができます。そこで、個人的に気になったのが返礼品として家電が選べる自治体にあって、どういう家電が人気あるのか?という点。おそらく還元率が高いものが好まれるだろうと思いますが、それも含めて調べてみました。

■山形県 Lenovo ThinkPad X260 ノートパソコン:還元率104%
■長野県 エプソン タブレット TN21E:還元率80%
■大分県 キャノンカメラ EOS 1DX Mark供Т垳砧61%

このあたり。いずれも使う場面が多そうですが、注意点はノートパソコン、タブレットはすでに返礼品から消える期限が公表されています。

ノートパソコンについては7月末で終了、タブレットは2017年で終了するとのこと。すでに7月に入っているので、今月末でノートパソコンを返礼品として選べなくなるわけですね。
furunozeirank | - | - | pookmark | category:ふるさと納税 家電

Category

ウィジェット

Entry

Link

ランキング

■返礼品ジャンルの多いふるさと納税ランキング
ふるなび
ふるなび
さとふる
さとふる
ふるなびグルメポイント
ふるなびグルメポイント

ブログランキング

ブログランキング
リンクリックブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

Recommend

Profile

Search

Feed