「ふるなびならたった3分でふるさと納税!」

Home >> ふるさと納税 ワンストップ >> ふるさと納税 ワンストップ
Page: 1/2   >>

ふるさと納税 ワンストップ

JUGEMテーマ:ふるさと納税



ふるさと納税制度にワンストップ特例制度というのがありますが、これは確定申告をせずに古さと納税の寄付金控除が受けられる仕組みです。

寄付先の自治体が5自治体までという条件を満たしていればこのワンストップ特例制度を利用できます。

ワンストップ特例制度を申請するにあたり必要なのは2点です。

1.ワンストップ特例申請用紙
2.マイナンバーまたは本人確認可能な書類の写し

ちなみに詳しい情報を画像つきで解説してくれているサイトも見つけました。

ワンストップ特例制度とは?

どうやら寄付した自治体へ送付する必要があるそうなので、5自治体に対して寄付したならそれぞれに提出する必要があるということだと思います。
とくさん | - | - | pookmark | category:ふるさと納税 ワンストップ
Home >> ふるさと納税とは >> ふるさと納税とは

ふるさと納税とは

JUGEMテーマ:ふるさと納税



ふるさと納税という名前こそついていますが、やっていることは地方自治体への寄付です。それが自治体に受領されると、返礼品が贈られてくるという仕組みです。

で、年末に確定申告でふるさと納税分だけ申請すると、寄付した金額分が控除されます。言い換えると、寄付した分だけ手元に戻ってくるわけですね。

ただ、寄付した金額全てが戻ってくるわけではなく、ふるさと納税をすることによる手数料が2000円は固定費としてかかるため、実質は寄付額-2000円が戻ってくるのが正しいです。

この確定申告について寄付した自治体が5つ以下ならば確定申告をするのではなく、ワンストップ特例というものを利用できます。

ただし条件もあり、一つが上記のようにふるさと納税をした自治体が5つ以下であること、もう一つが、寄付した年に確定申告をする必要がないことです。

条件に該当するならば、こちらの方が楽ですね。
とくさん | - | - | pookmark | category:ふるさと納税とは
Home >> ふるさと納税 仕組み >> ふるさと納税 仕組み

ふるさと納税 仕組み

JUGEMテーマ:ふるさと納税



ふるさと納税というのは都道府県、市町村への寄付のことをいいます。この辺りは総務省のふるさと納税のホームページにも記載されています。

この仕組みは都道府県、市町村へ寄付をして、その確定申告をすると、自己負担額もとい手数料たる2000を除く全額が控除されるというものです。この辺りは総務省のホームページだけでなくふるさと納税ができるサイトにも説明があります。

具体的にふるさと納税をする場合、これができるサイトでは自治体が用意する返礼品が一覧形式並べられているので、それを選ぶことで自治体などへの寄付ができる仕組みです。

なので極論返礼品が2000円以上のものならば、収支で考えてもプラスにしかならないのでやらない手はないといわれる所以ですね。
とくさん | - | - | pookmark | category:ふるさと納税 仕組み
Home >> ふるさと納税 計算 >> ふるさと納税 計算方法

ふるさと納税 計算方法

JUGEMテーマ:ふるさと納税



ふるさと納税は納税となっていますが、実質は寄付金扱いになるために控除対象になることが総務省のHPでも掲載されています。

で、実質自己負担金は2000円で、そのほかの分は限度額以下ならば、残る分はすべて控除される、具体的には翌年度の納税額が安くなります。

で、この控除額の計算について、どんな式になるのか個人的に気になったので調べてみました。すると総務省公式HPに記載されてました。

ふるさと納税ポータル

―蠧誓任らの控除:(ふるさと納税額-2000円)×所得税率
⊇嗣雲任らの控除(基本分):(ふるさと納税額-2000円)×10%
住民税からの控除(特例分):(ふるさと納税額-2000円)×(100%-10%-所得税率)

上記の結果が住民税所得割額の2割を超える場合、計算式が変わります。

’住民税からの控除(特例分):(住民税所得割額)×20%

この場合の実質負担金額は2000円を超える計算になるそうです。つまり、 ↓◆↓’控除額を計算しても、ふるさと納税-2000円の全額が控除されないためだとか。

とまあ、ここまで情報が掲載されていましたが、ふるさと納税の返礼品が選べるサイトとかだと、この辺りのシミュレーションを用意してくれています。

ふるさと納税 さとふる

計算が面倒な場合、こちらを利用したほうが時間対効果は高いかも。
とくさん | - | - | pookmark | category:ふるさと納税 計算
Home >> ふるさと納税 計算 >> ふるさと納税 計算

ふるさと納税 計算

JUGEMテーマ:ふるさと納税



ふるさと納税をすると控除上限以内であれば、実質負担金が2000円で済みます。ふるさと納税で10000円をして、返礼品に黒毛和牛を選んだ場合、実質負担金2000円で黒毛和牛10000円がもらえるイメージ。

負担金を除いたふるさと納税分が翌年に控除される、所得税や住民税から差し引かれるため、納税額が安くなるわけですね。

で、この計算ですが、ネットでいろいろと出てますが、結構ややこしいです。そこで、ネットというのは便利なもので所得など必要情報を入力して、ボタン1つクリックしたら、控除額がでるようなシミュレーターを用意してくれているところもあります。

控除上限額シミュレーション

たとえばこことか。自分で計算するのもいいですが、シミュレーターを使ったほうが時間かからないのでいいのではと。
とくさん | - | - | pookmark | category:ふるさと納税 計算

Profile

Category

ウィジェット

Entry

Link

ランキング

■返礼品ジャンルの多いふるさと納税ランキング
ふるなび
ふるなび
さとふる
さとふる
ふるなびグルメポイント
ふるなびグルメポイント

ブログランキング

とれまが人気ブログランキング
リンクリックブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

Recommend

Search

Feed